HOME > 会長挨拶

会長あいさつ

平成29年度 八幡 恭朗 YASUO YAHATA

徳は孤ならず~研鑽を深め、絆を広げよう~

いわき商工会議所青年部が主管した商工会議所青年部東北ブロック大会から、早くも3年が過ぎようとしています。この間、東北大会の誘致、そして準備に奔走した諸先輩が商工会議所青年部を卒業されました。また、ブロック大会のスタッフ確保の必要性から大会の前後に入会した会員の多くも、あと数年で卒業となってしまいます。会員資格に年齢制限がある組織の宿命ではありますが、毎年の会員の拡大は必須の課題となっています。
会員を勧誘するときに聞かれることが「商工会議所青年部は何をするところなのか」ということです。ここで、いわき商工会議所青年部規則を紐解いてみます。第1条には目的として次のように書かれています。

第1条
本青年部は、会員相互の親睦と連携を密にし、企業経営者としての研鑽を積み、いわき商工会議所の事業活動への参画・協力を通じて地区内における商工業の振興を図り、兼ねて社会一般の福祉の増進に資することを目的とする。

これがまさに「何をするところなのか」の答えです。その中でも特筆すべきことが、冒頭に「会員相互の親睦と連携」が挙げられていることです。我々商工会議所青年部、ひいては若手経済人にとっては、人的ネットワークを作ること自体が目的足り得るのだと思います。
「徳は孤ならず必ず隣あり」これは論語の言葉ですが、「徳のある人はけっして孤立しない。必ず理解し協力する人が出てくるものである。」という意味です。
我々は未だ徳のある者ではありませんが、言動を誠実に行う、一所懸命に事業に取り組む、といった活動を通して、お互いの理解と協力、親睦と連携を深めていきたいと思います。さらにその輪が広がれば、会員の拡大や、自身の企業経営に役立つものと考えています。

○例会の実施とレスポンスの向上
親睦と連携を実践する場として、2か月に1回の例会を実施します。原則として偶数月に開催し(4月は定時総会)します。出席率の向上を目指して、内容の充実と出席確認によるレスポンスの向上を行います。

○七夕への参加
いわきのまちの活性化を図るために、本年もいわき七夕まつりへの参加をします。また、中心市街地活性化協議会などの活動へも参画します。

○ジュニアエコノミーカレッジの開催
いわきジュニアエコノミーカレッジも第6回を数え、実績ある事業となっています。本年も未来の商工業を担う子供達の育成を目指して開催します。

○外部事業への参加
YEGの各種大会や他単会での事業への参加や、他団体への協力を進めていきます。

○会員の拡大
親睦するならば一人でも多いほうが良い。会員を拡大してYEGの輪を広げていきます。

top2.jpg
いわき商工会議所青年部の
WEBページです。




ジュニアエコノミーカレッジ、
平成25年度も開催決定!!